menu

MGとは

2018年1月30日

こんにちは。
最近、家のインターホンの誤作動に困っている吉岡です。

(24時前に2~3回鳴ったりして怖いです…)

弊社では研修にMG研修というものを取り入れています。
MGとはマネジメントゲームの略です。
ソニーとCDIが1976年(昭和51年)に開発したビジネスゲームタイプの大変ユニークな社員研修プログラムで、
ひとりひとりが社長になって会社を経営するゲームです。

1期ごとに本格的な決算から経営戦略立案などをしながら5年分の経営を2日間行います。

私は初めてMGをしてからトータル31期まで終わっているのですが、
利益を出すのはなかなか難しいです…。
2期くらいしか利益が出たことがありません…。

他の方々の経営の仕方を見ていると私と全然違う方法で、「よし、私も!!」とは思うのですが、
なかなかうまいこといかないのが悩みです。笑

利益はなかなか得られない私ですが、決算は好きです。
最初はめっちゃつまずいて「こんなのやってられるか!!」という感じだったのですが、
慣れてきたら楽しくて仕方ないです。
たまーに利益が出たときは計算の少し時間がかかってしまいますが、それでも楽しいです。

MGではカードを2種類使用します。
「意思決定カード」と「リスクカード」というものです。

意思決定カードは材料を購入したり、商品を販売(セリみたいな感じ)などをすることができます。
販売のときは同じテーブルの人が「私もその販売に乗ります!」ということができ、
1番低い価格を提示した人が売ることができるのですが、その売りのときはすごい賑やかです。
黙々とゲームを進めるというものではないので私的にはすごく参加しやすいです。

リスクカードは社長が病気で倒れたり(1回休み)、従業員が辞めてしまったりなどなど…。
悪いことばかりではないのですが、悪いことが起こってしまったら結構大変なときもあります。
それもまた楽しいと思える1つなのですが…笑

1度、従業員が2人しかいない中で1人辞めてしまい大変でした。
新たに1人雇用しようと思っていたのに他の方が雇用してしまい1人も残っておらず期末までずっと従業員1人…。
なかなかきつかったです…。

経営の難しさがよく分かるゲームです。。

計画通りに利益が得られるよう日々精進していきたいと思います!!
決算ももっと早くできるようになりたいです。

抱負

2018年1月23日

少し遅いですが、あけましておめでとうございます。真鍋です。
今年の抱負は「前進」です。

まだ社会のことを少し分かってきたようで実はまだまだ何も分かっていない。
誰が言ったことも正しく感じ、結局自分は何を信じて、どうありたいのか、などがはっきりしていません。
そうです!自分の芯がまだないのです。

ということで今年は30冊の本を読んでみることに決めました。

本というのは、著者の考え方そのもの。
自分はどの本に共感するか、どの本に共感しないのか。
ここで、自分はどのような価値観なのかなどの、自分の芯というのものが見えてくる気がします。

そこでようやく、自分のあるべき姿、自分のいるべき場所が見えてきますが、それまでは、自己投資ですね。
まずはいろんな考え方に触れてみようと思います。
また、いろんな会社の社長さんと直接会って、話を聞く機会みたいなものもあればいいな。

きっと今まで考えもつかなかった新たな発見があるはず。

では失礼致します!

2018年は資格を取る

2018年1月19日

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
最近、お金の使い方が荒くなっている吉岡です。

2018年、自分を成長させるためにHTMLとCSSの本を買いました。

いつ振りか分からない分厚い本…。
1冊は「HTML5の絵本」という本です。

文字ばっかりの本が苦手なので、少しでも読みやすいものを…と思い購入しました。
まだ読み始めたばかりなのですが、読みやすいです。
「JavaScriptの絵本」というものもあるらしく、こちらも気になります。
購入した本を読んで、勉強して、もっと会社の力になります!!

そんな私は2018年、いくつか資格を取りたいなと思っています。
今、全く持っていないわけではないのですが

「珠算・電卓実務検定」

「ビジネス文書実務検定」

「情報処理検定」

「普通自動車免許」

…と、ほとんど高校生のときに取得しものです。
情報処理科に通っていたのでそっち系の資格ばっかりです。

なので、また違ったものを取得したいです。
1つ、これは絶対に!というのが

「Webクリエイター能力認定試験」

です。
社内にテキストがあり、いつか必ず!と思っていました。
3月に試験があるのでそれに向けて頑張っています!

そのほか、某通信教育のサイトを見ていて興味があったのは

「レクリエーション介護士」

「愛犬飼育スペシャリスト」

「日商PC検定」

…見事にばらばらなジャンルの資格です。

「レクリエーション介護士」は高校生のときから興味があったのですが、なかなか手が出せずにいたので、
社会人になった今、挑戦してみようかなと思いました。

「愛犬飼育スペシャリスト」は根っからの犬好きだからという理由です。
サイトで犬クイズというものがあり、やってみた結果分からないものも多々…。
より興味を持ちました!

2018年は上記の4つの資格を最低2つは取る!という目標で頑張っていきます。
今年もみなさまのお役に立てるよう、全力で頑張っていきますので
スタッフ一同よろしくお願い致します。

ちなみにアイキャッチ画像は吉岡家三女の咲(さくら)です。

2017年終了まで残り6日

2017年12月26日

おはようございます。
最近、楽して痩せようとしている吉岡です。
2017年もあと数日になりました…。
みなさんはどのような1年でしたでしょうか。

自分の1年がどんなものだったかちょっと振り返ってみました。

成人式、卒業、入社、誕生日、犬、ライブ、入院、免許、旅行などなど…。
ここ近年で1番イベントが多かった1年になったと思います。

成人式の前日にバイトで手の甲に90℃の熱湯をかけて真っ赤な状態で成人式に参加して、
懲りずに成人式後にもバイト入ったり…。

2年間通っていた専門学校と2年間勤務したバイト先を卒業したり…。

だいずらぼに入社。
20歳の誕生日と同時に社会人の仲間入りをしたり…。

家族が1匹仲間入りしたり…。

嵐の中行われた野外ライブに参加して
案の定体調崩したり…。

何の予兆もなく体の調子が悪くなり入院したり…。

(保険って大事です。)

半年間通ってやっと免許とって、
今はほぼ毎日運転したり…。

修学旅行や日帰り旅行ではなく、
初めてちゃんとした旅行に行ったり…。

すごく楽しい2017年でした。

毎年、元旦には親戚の集まりがあるのですが
来年からはお年玉がない…むしろあげる側…という
ここでもまた大人の仲間入りに…。笑

親戚が多い分、もらう分にはすごく嬉しいのですが
あげるとなると大変なんじゃないかと今までの両親を見てきて思います。
いとこもはとこもみんな年下なので絶対大変な気がします…。

さらに
来年の春にはまた別れがあって今から寂しい気持ちでいっぱいなのですが、、
新しい人との出会いがあることを楽しみにします。

2018年戌年
素敵な1年になりますように。

みなさま、来年もよろしくお願い致します。

上方落語|最小で最大のパフォーマンス

2017年12月12日

先日初めて落語を聞きに行きました。

ドラマの中のお芝居の一部として見たことはありましたが、
生で見るのはお初です。

素人名人が集まる寄せで、
軽い気持ちでお邪魔したのですが、

その熱気にすっかりやられました!
いやもはやズキュンとはまりました!

ご存じの方も多いでしょうが、
落語は1人で演じます。
大旦那さま、でっち、乞食、男、女、老人に子供。
全て1人の人が演じ分けます。
手ぬぐいや扇子は、お財布になり箸になりキセルになり提灯になり。。。
最小のもので最大の表現をします。

一番印象に残ったのが、「茶漬けえんま」。

笑いは、緊張と緩和、ホッと緩んだ時に生れるもの。
そこで、緊張のパートを閻魔さま、緩和のパートを茶漬けとして、
この題材なら面白いものができるだろうと、
桂枝雀さんと小佐田定雄さんが作った演目だそうです。

閻魔さまやらキリストさま、お釈迦さままで出てきて、
てんやわんやとなるお話しです。

作品自体も面白いし、噺家さんの表現力も素晴らしく、
極楽のくだりでは、目の前に七宝の御社が目に浮かびました。

勉強になったのが、「伝える」こと「間」のこと。

古典落語の中には、難しい言葉や現在じゃよくわからないキーワードもあるのですが、
噺家さんがサラリと現代風に言い直してしっかり伝えてくれます。
また、会場の雰囲気をつかみ、笑いの起こる「間」に爆弾を打ち込むところもすごかった。

1回聞きに行ったくらいで何を生意気な!という感じではありますが、
感動して、こうしてブログに書いてシェアして、
落語好きな人を増やしたいと思ったおりますので、
お許しください(^^)

今回おじゃましたtukuru亭は、
来年3月に開催予定。

そしてなんと!2018年7月。
新開地まちづくりNPO、上方落語協会、神戸市、兵庫県がタッグを組んで、
上方落語の定席が神戸に誕生するそうです。

定席(じょうせき)とは、寄席の小屋があることで、
そこに行けばいつでも落語を楽しむことができます。

なんばグランド花月でいつも吉本新喜劇が見られるようなものです。
(わかりにくい。。。)

神戸にお越しの際は、新開地で一席いかがでしょうか。

saori

WordPressのサイトを守るための予防策3+1

2017年12月7日


 
 
先日、お客様からWordPressのサイトがハッキングされたと連絡がありました。
サイトを開くと、特定のサイトにリダイレクトされたり、ボタンをクリックさせるようなサイトにつながり、マルウェアに感染されているようでした。調査した結果、データは書き換えられていましたが、ID/PASSの乗っ取りはされておらず、まだ軽度な状態でした。適切な対策をとり、復旧は無事できたので大きな損害にはならなかったので良かったのですが、やはりWordPressには常に改ざんの危険性があると再認識しました。
 
周知のことでもありますが、今回はWordPressサイトをハッキングなどから守るポイントをいくつかご紹介します。
 
 

1.ID/パスワードを推測されにくいものにする

 
ID/パスワードを推測されて、第三者からログインできないようにすることは重要なポイントになります。
自動ソフトで、パスワードのパターン生成することで、自動検索することも簡単にできますので、テスト段階では問題ありませんが、本公開時には特に設定を慎重に対応したいものです。
 
以下の3つが基本的な対策になります。
 
 1. IDとパスワードは別々にする
 2.パスワードは8文字以上にする
 3.adminは推測されやすいので変更する
 
 
 

2.WordPress管理画面にアクセス制限をかける

 
不正ログインによるハッキングには、必ずログインページにアクセスしなければなりません。
WordPressでログインページに該当するのが「wp-login.php」というファイルです。
上記、ファイルのセキュリティーを上げることで、WordPressサイト全体を守ることができます。

少し技術的な点もありますが、以下の2つの方法があります。
 
1.[IPアドレス制限]
 
WordPress管理画面にIPアドレス制限をかけます。(.htaccess の設置)
ログイン元のIPアドレスが一定の場合は、「wp-login.php」のあるディレクトリの中に下記内容で .htaccess を設置します
 
===(.htaccess)===
<Files “wp-login.php”>
order deny,allow
deny from all
allow from xxx.xxx.xxx.xxx
</Files>
=================
 ※(xxx.xxx.xxx.xxx:IPアドレス)
 
2.[BASIC認証]
 
IP制限が難しい場合は、BASIC認証をかけます。(.htaccess と .htpasswd の設置)
「wp-login.php」のあるディレクトリの中に下記内容で .htaccess を設置します。
 
===(.htaccess)===
<Files “wp-login.php”>
AuthName “ユーザー名とパスワードを入力してください”
AuthType Basic
AuthUserFile /@@@/.htpasswd
Require valid-user
</Files>
=================
※(@@@:サーバのルートディレクトリ「/」から始まる「サーバ内のフルパス」)
 
☆[.htpasswd]の作成方法→IDとパスワードを格納するファイルの作成方法については、以下ページを参照ください。
https://allabout.co.jp/gm/gc/23780/
 
 
 

3.プラグインを最適な状態にする

 
WordPressのプラグインの脆弱性をつかれて、Webサイトを改ざんされる事例が発生しています。
プラグインを最適な状態にするために3つのポイントがあります。
 
1.WordPressの公式のプラグインからインストールできるものを使用する
 公式ディレクトリ以外で配布されているテーマやプラグインは危険である可能性があります。
 公式のプラグインはある一定の審査が行われていあるため、一定の品質が保たれているからです。
 
2.長い間更新されていないプラグインは代替えのプラグインに変える
 提供元から長い間更新されていないプラグインやWordPress本体の最新バージョンに対応していないものは、
 脆弱性の危険が高まっている恐れがあります。
 別のもので代用ができないか検討して、代替えのプラグインに変えることができれば対策をするのがお勧めです。
 
3.使用していないプラグインとテーマは削除する
 使用しないプラグインは「無効」ではなく「削除」をして、本当に必要最小限のプラグインのみを残します。
「無効」のプラグインに脆弱性が存在した場合、その脆弱性が狙われる可能性があるからです。
 
 
 

+1.SearchConsoleに登録し、サイト異常検知メールが届くようにする

 
WordPressのサイトをSearchConsoleに登録することで、サイトのハッキングの警告、手動による対策、新しい所有者の通知などの重要なメッセージが受信されます。
 
導入設定方法については、以下のページを参照ください。
 
▼SeachConsoleの導入設定方法
https://promonista.com/google-search-console/
 
▼SeachConsoleのメール設置方法
https://support.google.com/webmasters/answer/140528?hl=ja
 
 
 

まとめ

 
WordPressは、オープンソースの特性上プログラムが公開されているため、脆弱性が発見されやすく、ハッカーから狙われやすい特徴があります。WordPressでサイトを構築した時は、セキュリティー対策はなるべく早くすることがお勧めです。簡単な設定でも、セキュリティーは一気に向上してサイトを守ることができますので、ご参考になればと思います。
 
 
 

明日、誕生日を迎えます。

2017年12月5日

こんにちは。2017年もいよいよ最後の月となりました。早いものですね。

そんな12月は、僕にとっては楽しみなイベントが多い月でもあります。
そして私、真鍋光司は、明日23歳の誕生日を迎えます!

というわけで今回、お仕事の話は置いといて、僕個人の、この23年間を振り返ってみようと思います。

1994年12月6日(火)14:45頃 身長49.2cm、体重3460g
兵庫県西脇市というとある田舎の産婦人科で産まれたそうな。

当時の僕は、どの赤ん坊よりも驚きの白さで、人一倍元気で、人一倍夜泣きがひどかったそうな。

1998年~2000年3月 保育園&幼稚園

親の元を離れて、友達や先生と過ごすことへの恐怖心を微かに覚えています。
入園後3ヶ月は、ほぼ毎日号泣してたそうです。人生で初めて、親元を離れることを知った時期だったと思います。

2001年4月~2007年3月 小学時代

算数だけクラスで1.2を争う成績で、ものすごく算数が得意でした。
恋心を覚えたのも小学時代。結局何も発展しないまま終わったけど、それも味があっていい。
あの頃を思い出すとどこか切なくなる、、そんな小学時代。

2007年4月~2010年3月 中学時代

典型的な厨二病反抗期。
ある意味、「こうありたい自分」「こうはなりたくない自分」というのがはっきりしていた時期でした。
でも今思えば恥ずかしい、でもどこか微笑ましい(笑)※思春期真っ只中なので写真は載せません(笑)

2010年4月~2013年3月 高校時代

厨二病抜けきらず、人間関係ズタボロ(泣)
高校生にもなると、皆それなりに大人だから。23年で、一番人生のどん底を味わいました。
だからこそ、「本当の自分」としっかり向き合った、貴重な3年間だったなぁ。

2013年4月~2017年3月 大学時代

1人暮らしとバンドを始める。
音楽は中学からずっと抱いていた夢。自分にはこの道以外考えられないとまで思っていました。
今もその夢、諦めきったわけではないけど。
高校時代とは対象的に、一番充実した4年間。人生山あり谷ありとはこのことか。

2017年4月~ 株式会社だいずらぼ 入社から現在

フロント職で今はせっせとお仕事。
学生時代、社会人になると全然自分の時間が取れないと思っていましたが、案外そうでもないんですね。
だから仕事だけでなく、やりたいことも今のうちにやっておきたい。
やっぱやりたいことをとことんやらないといけないですね。特に20代のうちは。
「仕事と趣味を両立させる」それがきちんとこなせている人って本当に魅力的だから、そんな人になりたい・・・

というわけでざっくり長々と23年間を振り返ってみました。我ながら、波乱万丈の23年。
でも今後の人生の方がもっと長いわけで・・・
でも今後の人生の方がもっと短く感じるのかな(汗)
もっと1日1日を大事にしていかないといけないですね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。
これを読んで、少しでも株式会社だいずらぼのスタッフ一同に愛着をもっていただけたら幸いです(笑)

パララックスの3つの目的別の使い方

2017年11月29日

パララックス制作用プラグイン [Scroll Magic]

 
 
パララックスとは、視差効果のことで、要素ごとにスクロール時の動きをずらすことで奥行きのあるページを演出する方法です。パララックスは、デザインやレイアウトと組み合わせていろいろな動きをもたせることができます。
動きと共にサイト内に楽しみの要素を持たせることで、スクロールしたいというユーザーの気持ちも刺激することもでき、その感情とともに、商品やサービス、コンテンツの内容を記憶に残すことができます。

弊社では、シンプルなページに動きを持たせて、デザイン以上に印象を大きく変えてクオリティーを引き上げるご要望や、ランディングページなどでストーリーを動きと共に見せたりするページのご要望を受けることがよくあります。
 
そこで今回はパララックスの目的別の用途についていくつかご紹介したいと思います。
 
 

1.デザインに動きと変化をつける

 
パララックスを使うとページに動きを付けることができるので、デザインにアクセントとして変化を作ることができます。
例として、スクロールするごとに、ページの要素が浮き上がってくるサイトは、ユーザーからすると次は何がでてくるのだろうという興味を持たせることができます。
背景をふわっと表示したり、スクロールすると左右から要素が登場したりという形でパララックスが組み合わされます。
 

http://yayaproducts.com/su-5/
 
 
 

http://alpinjiro.jp/
 
 
 

2.流れ・ストーリー性を強調する

 
パララックスは、流れやストーリー性を持たせたページに効果的に使うことができます。
ページ全体にストーリー性をもたせ、その説明を動きをもって表現することで、テキストで表現するよりも伝わりやすくなります。例えば、商品の紹介を順序だてて視覚とともに見せたり、形状が変わり一つ一つの流れを視覚に訴えるという表現もできます。
 

http://www.kirin.co.jp/products/beer/sumikiri/
 
 

http://thermomug.com/
 
 

3.ユーザーを惹きつける

 
パララックスの特徴はなんといってもスクロールに応じたアニメーションができる点です。
マウスのスクロールごとに、ぱらぱらマンガのように、キャラクターを動かしたり、アクションやデザインに変化をつけることでユーザーを楽しませることができます。
 

http://beppin-expo.com/
 
 
 

http://www.kyoto-u.ac.jp/explore/
 
 
 

まとめ

 
制作の際には、視覚効果を入れすぎて、請求ポイントがぶれたり、サイトが重くなったりならないようには注意が必要です。一貫した流れやストーリーを感じさせるような演出や、商品やサービスの特徴に合わせた動きができればパララックスはより効果的なものになると思います。
 
 
 
 
 

元町商店街

2017年11月27日

11月も下旬。すっかり寒くなりましたね。
2017年も残すところあと約1ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

神戸にある商店街といえば三宮センター街というイメージを持つ方も少なくないと思いますが、
弊社オフィスのすぐ近くで毎日通っているということもあり、私は元町商店街が好きです。
なかでも個人的にオススメしたい元町商店街のお店をいくつかご紹介します!

 

【神戸の良さが元町に、神戸元町商店街】
http://www.kobe-motomachi.or.jp/

 

【1】セキ珈琲館
http://www.sekicoffee.com/
屋久杉で作られた大きなテーブルがある広々とした店内は、
大正ロマンを感じさせる落ち着いた雰囲気。
毎月替わるパスタのメニューも楽しみのひとつです。

 

【2】元町映画館
http://www.motoei.com/index.html
最近では全国的にも数が減少傾向にあるミニシアター。
映画好きのスタッフさんが自分達の手で作ったというこの映画館は、地元民からも愛されています。
また、上映内容にもこだわりを感じます。

 

【3】ふくろうの家族オフィシャルサイト
http://fukurounokazoku.com/
数年前からブームになっているふくろうカフェが元町商店街にもあります!
朝の情報番組でも紹介されたことのある有名店で、30羽以上の愛くるしいフクロウ達と触れ合うことかできます。

 

【番外編】とんかつ太郎
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28001010/
こちらは商店街を少し北上したところにあるとんかつ屋さん。
ランチタイムは平日なのにも関わらずお店の前には行列がズラリ。
ボリューム満点で成人男性でもお腹が満たされること間違いなし。
オススメはやっぱりとんかつ定食!

 

いかがでしたか?
ご紹介した以外にも魅力あるお店が沢山ありますので、
神戸にお越しの際は、ぜひ一度元町商店街へお立ち寄り下さい! ※回し者ではありません(笑)

サカイ

コーディング代行を有効活用できている人の3つの共通点

2017年11月23日


 
 
毎月100~200件ほどの問い合わせをいただいておりますが、技術的な相談やコーディング代行の依頼や、WordPressやデザイン制作など多岐にわたります。できるだけご要望を事前にヒアリングして聞き取り、ご希望に沿うようにはしていますが、制作内容がオーダーの対応となるため、お客様の指示や連絡方法などによりスムーズにいく場合とそうでない場合があります。スムーズにいく場合は、修正も少なく、追加料金も発生せず、納期通りで本公開まで完了しています。
 
今回は、コーディング代行を有効活用できているお客様に共通することをまとめてみました。
 
 

1.指示内容を明確にしている

 
第一に、ゴールイメージである正解を明確にしていることが大きな要素になります。
イメージがはっきりしていると、対応も明確なためブレずに納品まで対応ができ、修正対応も出戻りが少ないです。

逆に、ゴールイメージがあいまいになるとどうなるでしょうか?
例えば、ディレクトリ構成が不明であったり、動きの指示が擬音語(ふわっと等)での指示になると、納品後の修正が多くなることがあります。
最終的に追加料金が発生したり、希望の納期に収めることができないことが起こることがあります。
 

 ★ポイント

  ・仕様は「ページレイアウト(ソリッド[固定幅] or リキッド[可変幅])」と「対象ブラウザ」の最低2点があればOK!
  ・ディレクトリマップは全体構成のため必須です。
  ・動きの部分は参考サイトの指示がお勧めです。
  ・コミュニケーションツール(AUN)は使いやすくてお勧めです。(https://aun.tools/)
 
 
 

2.依頼時に毎回、対応希望日を伝えている

 
テストアップの納期は事前に決めていますので、その通りに対応していますが、
特に修正については案件や内容によりスムーズにいく場合とそうでない場合の差が激しいです。

指示内容が明確かどうかの影響が大きいですが、スムーズにいく要因の1つとしては、
修正依頼時にいつまでにお願いします!と修正希望納期を伝えていることがあります。
 

 ★ポイント

  ・修正依頼時には対応希望日を連絡する。
 
 
 

3.連絡方法をメールで行っている

 
メールだけで伝わるのだろうか・・・、ちゃんと電話で細かく補足をしたほうがいいのでは・・・、とよく言われます。
ですが、基本はメールのみの指示でまったく問題なく対応ができます。
メールでは文字やイメージを見える化ができるので、記録が残り、指示内容の把握がしやすいためです。

電話や口頭での指示は、記録に残らずに指示漏れが起こりやすく、
納品後の修正が多かったり、「思ってたのとちがう!」となり、トラブルや納期が延びてしまう原因になります。
 

 ★ポイント

  ・指示内容についてはメールにて、状況確認はお電話での使い分けがおすすめです。
 
 
 

まとめ

 
コーディング代行をうまく使うことで、案件のキャパを増やしたり、本来の業務に専念できる時間の確保をしていただいているお客様が多くいらっしゃいます。少しの工夫で、コーディング代行をもっと楽に有効的に活用することができます。
コーディングの外注に慣れていない方は、ポイントを参考に有効的にご活用いただけたら幸いであります。
弊社もお客様一人一人にスムーズにご利用いただけるように継続的にサービスの向上と改善に努めてまいります。
 
 
 

初めてのお客様はこちらからどうぞ

お見積りはこちらから

資料請求はこちらから

wordpress実装 初期費用0円 ワードプレス構築

下層ページデザインサービス

Coding Pack News Letter

コーディングパックのメールマガジン

お得な情報満載!

バックナンバーはこちら

最新納品実績

  • コーディング

    2P

    2018.05.07

    服飾メーカー

  • コーディング

    1P

    2018.05.01

    不動産

  • コーディング

    1P

    2018.04.30

    専門学校

  • コーディング

    5P

    2018.04.27

    インテリアメーカー

  • コーディング

    1P

    2018.04.27

    美容メーカー

more

pagetop