menu

【D3TIMES】25号目はだいずらぼより愛を込めて

2019年2月26日

2月にはビッグイベント「バレンタイン」がありますね。
だいずらぼより皆様へ愛を込めたDMをお送りいたします。

裏面は内定者が始めて記事を書きました!
ぜひご覧ください。

D3タイムスのバックナンバーはこちら
D3タイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【D3TIMES】創刊号をお届けいたしました!

2019年1月15日

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
おかげさまで、2018年8月に創業10周年を迎えることが出来ました。
本年も変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。

D3タイムスのバックナンバーはこちら
D3タイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【D3TIMES】23号目は赤色の電話ボックス

2018年12月11日

クリスマスシーズンになりました。
クリスマスといえば赤色と緑色のイメージがありますよね。何故でしょうか…。
今月の表紙は大丸神戸店にある赤色の電話ボックスです。
インスタ映えな感じがたまりません。

裏面は新しいサービス「ソーシャルリーダーサービス」のご紹介!
いまどきSNSって普通なんです。
興味がありましたらぜひご連絡ください。

D3タイムスのバックナンバーはこちら
D3タイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【D3TIMES】22号目は阪神甲子園球場

2018年11月12日

コーディングパックスタッフは阪神タイガースファンがいます。
ということで、今月の表紙は神戸を抜け出して阪神甲子園球場!!
大阪にあると思われがちですが、兵庫県の西宮市にあります。

裏面は今月の大イベント「ハロウィン」の様子を記載しています!

D3タイムスのバックナンバーはこちら
D3タイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【D3TIMES】21号目は神戸といえばの南京町

2018年10月15日

今月の表紙は南京町です!
神戸に旅行に来た際に南京町へ凝られる肩も少なくはないのでしょうか。
南京町とは神戸市中央区の元町通と栄町通にまたがる中国風の意匠を特徴とするチャイナタウンです。
中華料理が美味しいのはもちろん、ちょっとしたインスタ映えスポットです。

D3タイムスのバックナンバーはこちら
D3タイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【D3TIMES】20号目はからくり塔DinDon

2018年9月10日

暑くて暑くてたまらなかった日々が終わりを告げました。
今月号の表紙は神戸ハーバーランドにありますからくり塔「DinDon」です。
ボールが楽器などを鳴らしながら、複雑なレールを転がり続ける仕組みを見続けるのは
大人になっても飽きません!

D3タイムスのバックナンバーはこちら
D3タイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【D3TIMES】19号目はおかげさまで10周年!

2018年8月24日

おかげさまで10周年を迎えました。みなさまのおかげと思い感謝しています。ようやく、10年、まだ、10年。次の10年はどうなるのか?そのようなことを日々考えております。そんな中で、弊社は第3次変革期を迎え、D3コンセプトを作りました。
これからの未来を見据えたWEBの在り方を提案していきます。

CPタイムスのバックナンバーはこちら
CPタイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【D3TIMES】18号目は北野異人館「萌黄の館」

2018年7月12日

今月は「萌黄の館」。
神戸の北野坂にある「萌黄の館」は
旧シャープ邸といわれ1903年アメリカ総領事ハンターシャープ氏の邸宅として建てられ、1987年の修復により当初の色である萌黄色になりましたが、それまでは白に塗られ白い異人館と呼ばれていました。朝ドラ「べっぴんさん」のロケ地で使われていたことでも有名です。中に入ることもできますので、神戸に来た際はぜひ!!

CPタイムスのバックナンバーはこちら
CPタイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【cptimes】17号目はBE KOBEオブジェ

2018年6月1日

今月号から表紙を神戸の街並みに変わりました。
今月は「BE KOBEオブジェ」。
神戸港開港150年記念に創られたオブジェです。
「BE KOBE」は、阪神・淡路大震災から20年目の2015年、「人のために力を尽くす」という市民の熱い想いを集めて生まれたメッセージです。
ぱっと見て神戸!!と分かるこのオブジェを初回の写真として使用しました。

CPタイムスのバックナンバーはこちら
CPタイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

【cptimes】16号目はワンランク上のWEBデザインを目指して

2018年5月1日

WEBデザインには紙媒体のデザインとは決定的に違うところがあること、気付いてますか?
それはズバリ、「コンテンツが動的に変化する」こと!
「動的」とはなんなのか・・・、今回は具体的な例を挙げて説明します。
ちょっと想像力を働かせて、ワンランク上のWEBデザインを目指しましょう!

CPタイムスのバックナンバーはこちら
CPタイムスの【無料】配達希望のかたはこちら

初めてのお客様はこちらからどうぞ

お見積りはこちらから

資料請求はこちらから

wordpress実装 初期費用0円 ワードプレス構築

下層ページデザインサービス

Coding Pack News Letter

コーディングパックのメールマガジン

お得な情報満載!

バックナンバーはこちら

最新納品実績

  • コーディング

    2P

    2018.05.07

    服飾メーカー

  • コーディング

    1P

    2018.05.01

    不動産

  • コーディング

    1P

    2018.04.30

    専門学校

  • コーディング

    5P

    2018.04.27

    インテリアメーカー

  • コーディング

    1P

    2018.04.27

    美容メーカー

more

pagetop