menu

おすすめのAdobeソフトをご紹介

2020年8月24日

今回は、「コーディング」と「デザイン制作」の面でおすすめなAdobeソフトについてお伝えします。

 

コーディングでおすすめなAdobeソフト

コーディングでおすすめなAdobeソフトとして、次の2種類のコードエディタをご紹介します。
コードエディタは、HTMLタグを自動補完したり、コードを色分け出来る便利なエディタです。Adobe社からも有名なソフトが出ていますので、是非チェックしてみて下さい。
 

Dreamweaver(ドリームウィーバー)有料ソフト

    Dreamweaverは、Webサイトのコーディングにオススメなソフトで、コードエディタ機能だけではなく、FTP機能も備わっています。Dreamweaver内でファイルのアップロードやダウンロードが可能なため、FTP専用ソフトを立ち上げる必要がありません。その他にも、コードフォーマットやコードヒントなど、便利な機能が豊富にあります。

 

Brackets(ブラケッツ)無料ソフト

    Bracketsは、Adobe社が開発した無料で使用できるコードエディタです。HTMLやCSSのみならず、38種類以上の言語をサポートしています。Bracketsはプレビュー機能が備わっているため、コーディング初心者にも使いやすいコードエディタです。まずは無料でコードエディタを試してみたいという方にもオススメです。

 

デザイン制作でおすすめなAdobeソフト

デザイン制作でおすすめなAdobeソフトと言えば「Photoshop」と「Illustrator」です。

    【 Photoshop と Illustrator の特徴 】
    Photoshop:文字の装飾や、図形の描画など、デザイン作成を得意とするソフト。
    Illustrator:色彩の補正や写真の加工など、画像編集を得意とするソフト。

「Photoshop」と「Illustrator」について、当スタッフブログの「Web制作に必要なデザインツールについてご紹介!」で詳しくご紹介しています。この記事では、「Photoshop」と「Illustrator」が得意な作業や、メリット・デメリットについてお伝えしていますので、是非ご覧になってみて下さいね。

Web制作に必要なデザインツールについてご紹介!

CPTIMES

   

投稿一覧

pagetop