menu

Gitとは?

2020年8月3日

Git(ギット)とは、分散型(※1)バージョン管理システムのことです。
Gitは、Linuxのプログラムソースコードを管理するために開発されましたが、最近ではプログラマーだけでなく、WebデザイナーやWebライターの方にも使用されています。そこで今回は、「Gitで出来ること」にフォーカスを当ててご紹介します。

※1:分散型とは、複数のPCに分散して機能を持たせることを意味します。

 

ファイル管理の悩み

Gitを使用しないファイル管理では、編集前のファイルをコピーしてバックアップ用のファイルを作ることが一般的です。しかし、バックアップファイルの作成には手間が掛かり、ファイル数が増えてくると管理が煩雑になります。また、チーム作業では他人の編集内容を間違って上書いてしまう恐れもあります。このように、ファイル管理にはそれぞれ悩みがあるのではないでしょうか。

 

Gitで出来ること

Gitでは、「誰が、いつ、どんな変更」をしたのか確認できます。さらに、過去のファイル内容に戻したり、変更内容の差分を確認することも可能です。差分は、「変更前」と「変更後」を並べて見ることができ、一目瞭然で変更箇所が分かります。

そのため、ローカル環境にバックアップファイルを作成する必要がなくなり、手間が減ります。
チーム作業では、他人が編集したファイルを上書きしようとすると警告が出るため、誤って編集内容を上書きするミスを軽減できます。また、Gitはテキストデータだけでなく、さまざまな種類のファイルを管理できます。

このように、Gitを使うとファイル管理がとてもラクになります。しかし、Gitを使っていてもファイル管理は慎重に行うよう心掛けましょう!

 

Gitのメリット

Gitのメリットは、次の点が挙げられます。

    ・ファイルの変更履歴を管理できる
    ・過去のファイル内容に戻せる ⇒ バックアップファイルの作成が不要になる
    ・変更内容の差分を確認できる
    ・チーム作業で他人の編集内容を上書くミスが減る
    ・さまざまな種類のファイルを管理できる

 

まとめ

Gitは、プログラマーに限らず、Webデザイナーにも使用者の多いバージョン管理システムです。GitはHTMLやCSSのみならず、画像も管理できる点が嬉しいと感じています。興味をお持ちの方は、是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

CPTIMES

   

投稿一覧

pagetop