menu

WordPress「お問い合わせフォーム」のプラグインについて

2020年8月10日

Webサイトの運営に「お問い合わせフォーム」の設置は欠かせませんよね。そこで今回は、WordPressに「お問い合わせフォーム」を追加する時に人気のあるプラグインを2つご紹介します。

 

Contact Form 7

    Contact Form 7は、WordPressに「お問い合わせフォーム」を追加する国産のプラグインとして、多くの方に使用されています。Contact Form 7は入力内容の確認画面がありません。画面遷移を行わず、1つのページでお問い合わせの送信を完了できる点が特徴です。

    日本ではお問い合わせフォームというと、入力内容の確認画面もセットで存在するイメージがありませんか?しかし海外では、お問い合わせフォームの入力後は、確認画面がないことが一般的です。このような文化の差もあり、Contact Form 7は日本国内だけではなく、海外でも使用者の多いプラグインとなっています。

    ▷ Contact Form 7:https://contactform7.com/ja/

 

MW WP Form

    MW WP Formは、Contact Form 7と同じく、WordPressの「お問い合わせフォーム」を設置する国産のプラグインとして有名です。MW WP Formは、入力画面 > 確認画面 > 完了画面 の順に画面遷移を設定することが出来ます。

    コーディング初心者の方や、HTMLを触るのが苦手な方には、デザインを管理画面で作成できる有料の追加アドオンがあります。こちらの公式サイト(MW WP Form Generator)に詳細がありますので是非チェックしてみて下さい。

    ▷ MW WP Form:https://plugins.2inc.org/mw-wp-form/

 

「Contact Form 7」と「MW WP Form」の共通点

    ・高機能でカスタマイズ性に優れている
    ・使用者が多いため、使い方を解説したWebサイトが数多く存在する
    ・HTMLやCSSの知識が必要(初心者の方は、難しく感じるかもしれません)

「Contact Form 7」と「MW WP Form」の違い

    ・Contact Form 7は画面遷移を行わずにメッセージを送信する
    ・MW WP Formは、「入力画面 > 確認画面 > 完了画面」の順に画面遷移を行う

 

まとめ

WordPressに追加する「お問い合わせフォーム」のプラグインを2種類ご紹介しました。
1つの画面でお問い合わせの送信を完了させたい場合は「Contact Form 7」、入力内容の確認画面が必要な場合は「MW WP Form」、というように2つのプラグインを使い分けても良いかもしれませんね。

CPTIMES

   

投稿一覧

pagetop