menu

PHPとは?

2020年7月13日

PHPとは、Hypertext Preprocessor の略で、動的なWebサイトの作成に適したスクリプト言語のことを指します。
PHPの文法は比較的分かりやすい構造になっているため、JavaやC言語など、他のプログラミング言語と比べて習得しやすいと言われています。


PHPで作成できる「動的なWebサイト」とは?
「動的なWebサイト」とは、閲覧者ごとに異なる内容を表示するWebサイトのことを意味します。代表的なものにネットショップ(ECサイト)やブログなどが挙げられます。

ネットショップ(ECサイト)は、ユーザーごとにトップページの表示内容が異なり、商品をカートに入れたり、購入することが出来ます。また、ブログはコメント機能を訪問者が利用することで、記事の感想をブログに表示させることが可能です。

このように、ユーザーの操作によって表示内容が変化するWebサイトのことを「動的なWebサイト」と呼びます。動的なWebサイトは、アクセスするたびに、閲覧者にとって最新の内容を表示する点が特徴です。PHPをHTMLに埋め込むことにより、動的なWebサイトを作成できます。

 

PHPの基本的な文法
例えば、HTMLにPHPを埋め込む場合は、次のようになります。

<html>
    <head>
        <title>S A M P L E</title>
    </head>
    <body>

    <?php
        echo “Hello, PHP!”;
    ?>

    </body>
</html>

PHPのコードは <?php?> の間に命令文を記入します。
上記のPHPコードは、ブラウザ上に「Hello, PHP!」と表示させる命令文になります。

echo」は、文字列を出力させる命令文です。文字列は「’(シングルクォーテーション)」または「”(ダブルクォーテーション)」で囲みます。行の終わりは、必ず「;(セミコロン)」を入力するようにしましょう。

 

まとめ
PHPは、初心者の方が比較的簡単に習得できる言語とされています。動的なWebサイトの作成に興味がある方は、是非挑戦してみて下さいね!

CPTIMES

   

投稿一覧

pagetop