menu

IEの今後について

2020年4月20日

Microsoft社のブラウザとして有名な Internet Explorer 通称IEですが、サポート終了が間近に迫っているとの噂があります。そこで今回は、気になる「IEの今後」についてお伝えします!


IEのサポートが終了するとどうなるの?
Microsoft社によるIEのサポートが終了すると、セキュリティの更新プログラムが配信されなくなります。

IEのサポート期間中はMicrosoft社から無償で更新プログラムが配信されますが、サポート期間が終了すると脆弱性が発見された場合にも修正プログラムが配信されなくなります。
すなわち、セキュリティリスクが高いままIEを利用することになるのです。

セキュリティリスクの高いIEを使い続けることは、脆弱性を利用した攻撃を受けたり、情報漏洩につながる恐れがあります。もし、IEのサポートが終了した場合は、サポートが継続している他のブラウザに移行する方が良いでしょう。

 

IEの今後について
IEの今後について、Microsoft Edge / Internet Explorer サポートチームが発信したドキュメントがあります。

サポートチームのメッセージを要約すると次の内容になります。

  • Internet Explorer から Microsoft Edge への移行を推奨

また、2019年3月12日にMicrosoft社のブログ(Windows IT Pro Blog)から「IEは技術的負債をもたらす」というメッセージが発信されました。どちらのメッセージもIE以外のブラウザへの移行を推奨している点が印象に残る内容となっています。

 

これらの内容から、IEをお使いの方は他のブラウザへの移行を考えた方が良いのかもしれません。
しかし、日本国内でみた場合、ブラウザのシェア率は Google Chrome の次にIEのシェア率が高いというデータがあります。IE11より前のバージョンは、2016年1月にサポートが終了しているため、現在はIE11のみサポートされているという状態になっています。
今後のMicrosoft社の動向に注目していきたいですね。

CPTIMES

   

投稿一覧

pagetop